M&Aのプレイヤー(登場人物)

M&Aの方法を決断するのは言うまでもなく売り手自身です。
しかし、前記のようなM&Aを進めていくためには、多分野における種々の専門知識が必要となります。
ですから、通常は次のようなプレイヤーが必要となります。

公認会計士・税理士

公認会計士、税理士は、会計、税務の観点から買収監査をし、買収対象となる事業や株式の価値の算定をし、M&A後の企業価値を算定するなどの他、M&Aの全工程における会計、税務面のチェックを行います。

弁護士

弁護士は、当事者を法的側面からサポートします。
具体的には、法的観点からの買収監査、M&Aのスキームの立案、契約書等の各種書面の作成の他、M&Aの全工程における法的なチェックを行います。

経営コンサルタント

経営コンサルタントは、再生を図る売り手の経営に関する改善策を提案し、経営を向上させるための助言を行います。
買い手側も経営コンサルタントを活用して、人員削減等の事業に関するリストラ案や不採算事業の切り離し等の組織に関するリストラ案を作成して、収益力の拡大を図ります。
具体的には、経営コンサルタントは、業界、市場、製品、技術等の動向に関する情報を収集しそれらを分析して各種助言を与えます。

フィナンシャルアドバイザー

フィナンシャルアドバイザーは、M&Aの準備段階からクロージングまでの間、全般にわたって当事者をサポートします。
具体的には、買い手候補者や売り手候補者の探索、調査し、買収対象となる事業を選別し、適宜交渉を継続し、M&Aのスキームを立案し、その他全ての場面において当事者に助言を与えます。
当事者はフィナンシャルアドバイザーにM&Aの目的を明確に伝えてその理解を深めてもらい、その目的達成のためにはある部分を譲歩するなどしてM&Aを進めていくことになります。